ホームパーティーなど飲みやすい赤・白・スパークリングワイン

比較的ワイン初心者でも飲みやすいイタリアの赤ワインとは?



ここでは、
ワインの初心者でも比較的に飲みやすいイタリアの赤ワインについて少し解説してみたいと思います。


まずイタリアワインの最大の特徴は、
そのぶどうの品種が多いということです。
同じぶどうの品種でもその地方によって呼び方が違う場合もあります。


まず、そのイタリアの赤ワインですが、
基本的には黒ブドウ品種を使用しますが、
その代表的なぶどうの品種は、サンジョベーゼ(sangiovese)です。
サンジョ・ヴェーゼとも書きます。


そして、既にご存知の方も多いぶどう品種として

ピノ・ノワール(Pino Noir)
カベルネ・ソーヴィニョン(Cabernet Sauvignon)
メルロー(Merlot)
シラー(Syrah)

があります。


更に、

アリアニコ(Aglianico)
カルメネーレ(Carmenere)
カベルネ・フラン(Cabernet Franc)

ガメイ(Gamay)
カリニャン(Carignan)
コルヴィーナ(Corvina)
ガリオッポ(Gaglioppo)

グルナッシュ(Grenache)
ジンファンデル/プリミティーヴォ(Zinfandel/Promitivo)
テンプラニーリョ(Tempranillo)
ドルチェット(Dolcetto)

ネッビオーロ(Nebbiolo)
ネグロアマーロ(Negro Amaro)
ネロ・ダヴォラ(Nero d’Avol)
バルベーラ(Barbera)

ピノ・ムニエ(Pino Meunier)
プチ・ヴェルド(Petit Verdot)
ブラケット(Brachetta)
ボバル(Bobal)

マルベック(Malbec)
ムールヴェドル(Mourvedre)
メンシア(Mencia)
モンテプルチアーノ(Montepilciano)

などがあります。


イタリアで最も一般的な品種のサンジョベーゼは、
主にイタリアの中ほどトスカーナ地方で栽培生産されていて、
「キャンティ」や「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」
などの赤ワインに使われます。

そして、このサンジョベーゼは
その栽培される地方によって呼び名が変わるんですね。


例えば、

産地キャンティ・クラシッコでは、”サンジョベーゼ”と言いますが、
産地ブルネッロ・ディ・モンタルチーノでは、”ブルネッロ”

産地ヴィノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノのでは、
”プルニョーロ・ジェンティーレ”

産地モレエッリーノ・ディ・スカンサーノでは、”モレリーノ”
産地コルシカ島(フランス領)では、”ニエルキオ”

とそれぞれ呼ばれています。

これであなたもかなり物知りになりましたね。


サンジョヴェーゼを取り敢えず一本だけ買いたい方はこちらがお得です。










他のイタリアワインをまとめて買いたい方はこちらがお得です。